御祭神・従神
島津家代々の当主と
その家族が祭られています
logo-mark-01

御祭神

島津家は、鎌倉時代のはじめである文治元年(1185)から、明治2年(1869)の版籍奉還まで、約700年にわたり南九州を治めた武将の家系です。鶴嶺神社は、島津家歴代当主とその家族を奉祀するために、明治2年に創建されました。最初は鹿児島市内坂元町山下鶴嶺(現在、同市照国町の島津斉彬公銅像の地)に建ち、明治6年(1873)県社に列せられています。大正6年(1917)、島津家30代忠重によって、現在地に遷座、御社殿が造営されました。昭和10年(1935)、天皇陛下の地方行幸の際に幣帛料を賜っています。御祭神の中には、武勇・善政で名高い当主や、美しく聡明であった姫君(持明院様)が名を連ねることから、広く崇敬を集め、現在に至ります。 奥にある御本殿は流造ながれづくり、手前側拝殿は入母屋造いりもやづくりで、鳥居は神明しんめい鳥居です。
logo-mark-01

島津家歴代当主

鎌倉時代
1179-1227 初代
1202-1272 二代
1225-1284 三代
1251-1325 四代
1269-1363 五代
室町時代
1325-1375 六代
1328-1397 六代
1347-1407 七代
1363-1411 七代
1375-1425 八代
1403-1470 九代
1432-1474 十代
1463-1508 十一代
1489-1515 十二代
1497-1519 十三代
1503-1573 十四代
1514-1571 十五代
1533-1611 十六代
安土桃山時代
1535-1619 十七代
1576-1638 十八代
江戸時代
1616-1694 十九代
1650-1704 二十代
1675-1747 二十一代
1701-1760 二十二代
1728-1749 二十三代
1729-1755 二十四代
1745-1833 二十五代
1773-1841 二十六代
1791-1859 二十七代
1809-1858 二十八代
1840-1896 二十九代
近現代
1886-1968 三十代
1912-1996 三十一代
logo-mark-01

持明院様

持明院統
画:長野剛 尚古集成館所蔵

鶴嶺神社には、亀寿姫(=持明院様・じめさぁ)が御祭神の1人としてまつられています。女性の美と知を育み守る神様として崇められる亀寿姫は豊臣秀吉に人質としてとらわれていましたが、その秀吉が驚くほどの美貌であったといわれています。また心優しく聡明な人柄から、良妻賢母の鑑として敬われていました。鶴嶺神社には今でも、理想の女性像に近づきたいという思いを持つ女性が多く参拝に訪れます。

鶴嶺神社では亀寿姫のようになれますようにとの願いを込めた美人御守や紅御守といった授与品も御座います。参拝の際には是非、社務所へお立ち寄り下さいませ。

logo-mark-01

従神

家老5名

鶴嶺神社には、島津図書頭忠長、鎌田出雲守政近、比志島紀伊守国貞、伊集院下野守久治、そして伊勢兵部少輔貞昌の5名の家老が従神として祀られています。

殉死者45名

鶴嶺神社には島津氏歴代藩主らへ殉死した殉死者45名(以下記載)も、祀られています。

奈良原助八満、中篠次郎左衛門政義、満留郷八左衛門忠実、井尻神カ坊、平田治部少輔純貞、入道純喜、新納式部少輔忠朝、村岡豊前、山ロ対馬、肥後権之重盛秀、武彦左衛門延為、新原藤左衛門、田尻小吉種春、吉井佐渡、市来清左衛門、赤塚吉右衛門重増、岡本讃岐、春田佐渡、染川源之丞、浜田民部左衛門経重、法印仙朝房覚霊、木脇刑部左衛門祐秀、池田六左衛門貞秀、藤井休助、入枝佐五右衛門、新納刑部少輔久治、蘭牟田縫殿助、椎原与右衛門国林、山路後藤兵衛種清、桐野治部左衛門利義、坂元番左衛門頼逸、原蔵人、折田和泉、色紙調兵衛、田中三右衛門、山本勘左衛門親匡、鬼塚三蔵、平田大久坊宗如、山田大泉坊勢弁、有川久右衛門、鎌田豊前、渡辺安房綱、寺原早介重幸、愛甲次右衛門廉宗、高山備後、谷山宮内左衛門。